Googleの画像検索でトランプと検索すると、99%トランプ?しかでてこないそんな世の中になりましたが、マジック界では、トランプ通称デックの世界にアメリカ社会以上の大きな動きが起きています。
去年、世界最大のトランプメーカーUSPC社が工場を移転させた2009年から10年以上が経ちました。現在では神話のように語られるOHIO製バイシクルの誕生、KY製バイシクルの絶望的な品質低下がありました。その上、工場移転より少し前のことでしょうかUSPC社はマジシャン向けのデック製作はしないと宣言したのです。
USPC社の最大の顧客はカジノ、次に世界の一般市民です。紙製トランプを使い捨てているマジシャンでも、シェアでいったら全体の数%程度だといいます。マジシャンがBicycleを使っているから、Bicycleがマジック用のトランプとして愛用されているのではなく、世界規模でありふれたトランプであるからこそBicycleはマジシャンが愛用しても怪しくないトランプなのです。ゆえに、Bicycleはマジシャンだけのものでは無いのです。

絶対王者のBicycleですが、アメリカ製ということもあってか、実は品質が元からあまりよろしくありません。また年代によって仕様が大分異なります。USPC社は細かいデータについては公表していませんが、推測では、社内でも細かい仕様やマイナーチェンジなどは記録していないのではないかと思います。これまでにUSPC社で生産された歴史的トランプの多くはマニアや収集家の雄志によって製造年だったりの仕様が記録整理されており尚も謎が多いのが現状です。

KYへの工場移転によってマジシャンの間では、Bicycleがとにかく使い物にならなくなったとあちこちで聴きます。しかし過去にも、80年代には表面のコーティング剤の変更によって滑らなくなったり、90年代にはプレス方向かわりファローの向きが変わったりしています。外にも、紙が変わり柔らかくなりすぎたり、エンボス加工やインクが変わって同じ青でも色が違ったりと、USPC社のトランプはその年代によってその仕様は大きく異なります。
私は、2005年頃からマジックを始めましたが、滑りが良く薄く柔らかいデックになれています。しかしそれ以前のマニアには、そのデックでさえも当時から、滑りすぎる、柔らかすぎる、など不満が散見されました。もうその頃から、滑りすぎる以前のロットを大切に使うようなマニアは普通に存在していました。マジシャンはダースやグロスでトランプを買うのでアマチュアマジシャンではそこそこの買い溜めで結構な年数同じロットのトランプを使い続けられます。

80年代頃から?、品質やマイナーチェンジの問題を抱えていたUSPC社製のトランプですが、マジシャンへ大打撃をショックを与えたのは、やはりケンタッキー州への移転でした。いわゆるKY製バイシクルですが、これは今までのマイナーチェンジとは比べものにならないくらいの大きなアップデートでした。
一つは、ブランドの顔だった箱デザインの変更、もう一つは、環境への取り組みです。
パッケージデザインが「ライダーバック」のシンプルなものから「スタンダード」のfreeAppのパッチやデザインにマッチしない広告など、マジシャン目線でも都合が悪いだけでなく、デザインが非常に煩くダサくなっています。
もう一つの環境への配慮ですがこれが、KY製最大の特徴でありBicycleの品質が大きく低下した最大の要因であると言われています。連邦環境保護庁により、紙は必ず一定割合以上のリサイクルペーパーが使われ、インクは発色の良くない植物由来の環境に優しい顔料へ、エアクッションフィニッシュに使われるコーティング剤や紙を貼り合わせている糊もまた植物由来、おそらくトウモロコシ由来の天然素材へと変わりました。
そうして、21世紀の環境保護をうたうエコロジーなトランプに生まれ変わるはずでした。
現実は、えらく固くコシの無いのにすぐにふにゃふにゃになる、エッジはガサガサがファローが入らない、糊がすぐに手汗に溶けてべたべたで滑りが悪くなるUSPC社史上でも最悪のトランプが出来たのでした。
ぶっちゃけていうと、OHIO製トランプが特別高品質なわけではなく、一部年代のKY製トランプがあまりに質が酷かったのです。最近では多くの人が感じているとは思いますが、KY製でも質の良いトランプあります。

KY製バイシクル スタンダード

その煽りを受けて、マンドリンバックやフェニックス、メイデンバックなど、マジシャンによるマジシャンのためのトランプを製作するような流れが出てきました。
【常用デック】低品質KY製バイスクルの代わりになりそうなトランプを比較レビュー

クラウドファンディングで作られた日本人発のデック「PlayFair」に秘められた大きな可能性?

話は大きく飛びますが、Bicycle GoldStandardやエリートエディション、シュプリームなどの登場からさらに、オリジナルトランプ市場は活性化され、独自のトランプ文化が芽生えてきたように思います。特に近年、日本人の間でも割と手軽に、オリジナルデックを製作するノウハウがそろってきたようです。
これまでにプレイフェアを発端に、アイデアルデックや最近ではストレートデック、ポッシブルデックなど、Bicycleの品質に左右されないマジシャンのための新しいトランプが続々誕生しています。

オリジナルでのデック製作が増えたきっかけは間違いなくUSPC社の失墜にあると思いますが、それ以外では、台湾製や中国製トランプの技術向上、マジシャンの多様化と、マジックの技術的熟成度の向上による品質への追究などが上げられると思います。
近年、ダブルリフトなどを中心によりシビアで繊細な動きを要求されるようになったと思います。それに追随して使用する道具であるトランプの質も重要視されるようになったと感じます。

TWPC 台湾製

私は、Gold Standard 通称ゴルスタに出会ってから、品質が上下するKY製を使うならこれ一択でずっと使っってやろうと思っていますが、台湾製デックの出来が日進月歩で進化しています。世界的な物価上昇と日本のデフレ状態から、相対的に海外製トランプの値段は上がっています。加えて、紙をクラッシュドストックやプレミアムストックなど高級なものを使ったり、ほかにも、多色刷りやメタリックインクや箔押しなど、コストがかかったデックが沢山登場しています。
00年代後期には600~800円で売られていたセオリー11のトランプも今では1200~1800円します。エースフルトンズのデックは一個700円で買えましたし、モナークスも安いところでは一個700円程度でした。
当時では、Bicycle柄のカードに650円か?みたいな雰囲気があったゴルスタも今では相対的に非常に持ちが良く使いやすい上にコスパの良いトランプになっています。

Aceフルトンズカジノ モナークス Player's

付箋に当時買った値段が書いてある。

一昨年、USPC社がカルタムンディに買収されたり、去年は50万個生産されたゴルスタが店頭在庫限りとなりました。私はゴルスタを超大量に買い込んでしまいましたが、5年以内にはゴルスタ以上の使い勝手と価格のデックが出てくるのではないかと勝手に推測しています。ただ物価上昇で同じ質でも650円では買えないかも知れません。
また、コロナの煽りを受けてカジノホテルが相次いで倒産に追い込まれているようで、日本でもIR計画がほぼ頓挫する見込みとなっています。トランプ会社の大手顧客であるカジノにダメージがあればUSPC社もただではいられないでしょう。歴史と圧倒的シェアを誇るUSPC社があっさりとカルタムンディ社に買収されたのは衝撃でした。最近では、個人的にあのUSPC社も10年以内に会社が傾くかなにか起きるのではないかと思ってしまいます。

KY製バイシクルによるマジシャントランプ市場の混乱から、新デック覇権争いはもうすでに10年が経とうとしています。最初にBicycleのシェアを奪おうとしたのは、エンパイアキーパーであるように思います。しかし、色移りが激しかったり化学薬品的な匂いがきつかったりと、YoutubeやTwitter上を見る限り今も常用している人は見かけません。
安定した品質と価格、なによりマジシャン目線の本当に使いやすいデックは一体何なのか、新しいデックの乱立とBicycleの質の不安定さから、いろいろ買って試して研究していかないと良いものへ辿りつけない様な状況になっています。
とりあえず現状では、500円で買い集めたゴルスタがおそらくもっとも使い心地が良く耐久性もデザインも申し分ありません。しかしもうすでに、市場から姿を消し始めており新規での購入が難しくなっています。

Bicycleの質が最適ではない、ということは多くのマジシャンの中では常識になっていると思います。しかし、だからBicycleのスタンダード以外で、何が良いのか?多くのカードマジックやカーディストリーから疑問視されているところです。しばらく前までは、ゴルスタが最良と言い切れましたが、これからはどうしたらいいのでしょうか?
ぶっちゃけていってしまうと、現在2020年製のBicycleを触る限りではほとんどの人がこのKYBicycleで事が足りるように思います。KY製Bicycleの質が著しく酷かったのは2015年頃までのようです。なにより、もうKY製から10年も経ちましたら、これに慣れたと言う人も多いことでしょう。

KY工場移転時はまだ多くのブログが稼働しており、Bicycleや他のマイナーデックでも品質の情報は検索すればすぐに分かりました。突然の劇的な品質低下に驚き多くのマジシャンが動き出した。それが逆に、OHIO神話を生んでしまったような気がします。トランプそのものの値段も安く種類も少なく比較が容易でした。しかし今、あまりに多くのカードが存在し、情報もTwitter上で共有されることが多くなり、得たい情報がうまく得られなくなっています。
ある意味で、基本となるマジシャン同士のネットワークも、販売されるトランプも年増にカオスさを増しています。初級者から中級者を中心にちょっといいトランプを使いたいとなったときに何を頼りに情報を得て、なにを使えば良いのか分からなくなってしまっています。もう一度書きますが、基本はスタンダードバイシクルで十分です。しかしプッシュオフやエスティメーション、パーフェクトファローのような繊細な高度技法を密に行ったり、トランプの質に拘り出すとやはりスタンダードでは物足りないのです。逆に言えば、今現在スタンダードバイシクルよりも質が良くニーズに適した多種多様なトランプがあるわけです。それはコストだったりギャフカードの充実や入手性など驚くほど多様化しました。

今こそ、冷静になってマジシャン同士、まとまってカードの質について徹底的に再確認するときではないのかと思うのです。

まとめ
1.USPC社の体質とOHIO製KY製の品質の落差は確かに激しかった
2.新たな”スタンダードデック”の乱立
3.ネット情報カオス時代の情報難

結局トランプは何を使えば良いのか?自分にあったカードは何なのか?STANDARDで本当にいいのか?
BicycleのKYスタンダードはまだ世界的にもマジシャン界隈でも安定だけど、USPC社がそもそもなんか怪しい?

Bicycle STANDARD 1ダース 青6個赤6個