この頃買い物するとき下調べしなくなってきている。どうもみかさです。寒いですね。昨日初めて今シーズン初めて暖房を入れました。

瀬戸弘司の動画をきっかけにひらくPCバッグを3年ほど前に買いました。
これが優れもので色々な場面でかなり応用が利く当たり製品でした。
PCバッグとして以外もカメラバッグ、マジック手品バッグ、普段使いかなり万能に機能するうえに、雑に4年使ってもまだほつれたり、破れたりしていません。案外丈夫です。
ただ、PC用に設計されているためか全体的に大きくすこしだけ重いかなと感じることがあり、追加でひらくPCバッグnanoを購入しました。

ひらくPCバッグnanoは機能をほぼそのままにひらくPCバッグをそのまま高さも幅も小さくしたいわば、セカンドバッグです。
nanoの外にひらくPCバッグminiが発売されていますが、幅を小さくしている代わりに高さを1.5倍ほどにすることで15インチのラップトップも居られるようになっています。ただそのせいで、全体的なサイズが大元のひらくPCバッグと変わらず、買い足す意味があまりないと思います。
ですから、もともとのひらくPCバッグを持っているならnanoを買うのがいいかなと思いました。
続きよりフォトレビュー

ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

楽天の直営店で買いました。包装も最低限のシンプルな感じでこだわりを感じさせます。
箱を開いて実物を見るとかなり小さい!そしてかわいい!

ひらくPCバッグnano

色は「ブラック・グレー・ネイビー・ブラウン」の4色が用意されていますが、今回はあえて暗めのネイビーを選択しました。小ぶりのバックなので暗くワントーンの色でも異物感や圧迫感はないかなと思います。もう一食勧めるならテクスチャ感のある生地のブラウンがすこしいかなと。このあたり完全にこのみですが。

ひらくPCバッグ 比較

ひらくPCバッグ(色:オリーブ)とひらくPCバッグnano(色:ネイビー)を並べて比較してみます。
見ての通り二回りほど小さくなっています。
細かなポケットの仕切りがなくなっているところなどはありますが、大間感ポケットの配置や、ファスナー肩紐の取り付け方法など基本的なところは本当にそのままサイズが違うだけです。

ひらくPCバッグ グレー

ひらくPCバッグ グレー

posted with amazlet at 18.10.30
売り上げランキング: 33,150

 

ひらくPCバッグnano基本的な性能はそのまま。底面のターポリン、ツルツルした素材で水を通さず、汚れが付きづらい。
自立するバッグというのがこのひらくPCバッグシリーズのうたい文句ではあるけれど、家の机や椅子、床やトイレなど様々な場所で床にポンと自立させておくことが出来る。これがどれだけありがたく使いやすいのか説明するのは難しい。
そんなときに、座席の下に置いたり店の床に置いても汚れが付かない優れもの。気になるときはアルコールティッシュで拭けば簡単に綺麗になる。

ひらくPCバッグnanoに搭載された機能の一つ、伸びるポケット。
ポケットがのびることで13インチのMacが普通に入り、△の形にしたことでうまくバランスを保っていて倒れません。
iPadPro10.5インチ以上のサイズも綺麗に収まります。
ただ、見た目としてはちょっと不格好かなと感じました。そこで、

ひらくPCバッグnano

iPad程度の大きさならそのままポケットの隙間に突っ込むスタイルで十分でした。
実際使っていると伸びるポケットをいちいち延ばしたりチャックつけたりするよりも取り出しやすく入れやすくスマートです。
というのも、中のポケットにはiPadProの10.5インチはギリギリ入りますが、結構きつく出し入れがさっと出来ません。無理矢理なら入りますので長時間の移動やカバンごと仕舞っておく場合は入れていても良いと思います。ただ出しづらいです。

ファスナーをあけてぱかっと開いてカバンの中全体が見える作り。
仕切りは標準で1つしか付いてこないのでもう一枚同じ色の仕切りを買っておくと使い勝手が向上する。
おもに左右の仕切りにタオルとサングラスを立てておいて、中央にはヘッドホンやトランプカメラ、財布、iPhoneなどその場に応じてなんでも入れている。
ペン立てみたいなバッグというキャッチコピーがあるがこのnanoサイズではまさにペン立てだ!

内側のポケット、ここはiPadPro10.5インチまでのサイズの物がギリギリで入れられる。
手前のメッシュのファスナー付きポケットと同様に仕切りはなく大きめの一つのポケットになっているので薬やら細かい物はチャック付きビニール袋に入れて収納することになると思う。

☆ひらくPCバッグnanoを2ヶ月ほど使ってみてたひらくPCバッグとの違い

まず始めに感じたのは、これ「肩紐付きのセカンドバッグ」だとうこと。
なによりnanoという名前の通り小さいのだけど、スタンダードサイズと比べてかなり入れられる物が制限される。しかし小さいのでちょい出の買い物や散歩に丁度良い。
財布とiPhoneとちょっとした日用品を入れていくセカンドバッグやポシェットのようなイメージで使うのがこのバッグの生かし方だと感じた。

加えて、nanoは肩紐がすこし細くなっておりあまり重たい物。500mlのペットボトルとiPadProを入れると肩にヒモが食い込むので長時間はすこし苦しい。小さいが故に重さをかなり感じるのだ。

ひらくPCバッグの良いところをぎゅっと小さくnanoサイズになった、PCバッグと言うより「ひらくポシェット」床に綺麗に置ける設計やポケットの配置などはひらくPCバッグそのままなのでこれまでのヘビーユーザーのちょいお出かけバッグとしてはかなり優秀だと思う。
ミラーレスカメラやら普段使いのタブレットも入るので案外活用範囲は広いと思う。

これからもいままでのひらくPCバッグは現役で働いて貰うしたまにnanoも使うそんな生活になりそうだ。

 

ひらくPCバッグnano (グレー)
売り上げランキング: 45,983

18/09/13 楽天市場 スーパークラシック ひらくPCバッグnano17,800円